• Our shoe making

    Eolunaの”ものづくり”をご紹介します

  • 木型データの設計

    取得した足のデータから、靴の基となる木型を設計します

    木型を設計する専門のスタッフが、お客様の足の3Dデータを元に、コンピューター上で靴の形状をデザインしていきます。足の形のままの靴を作ると、見た目も悪く、ぶかぶかして歩けないものになるため、次の4つの視点が必要になります。

    • お客様の足の特徴

    「ぴったり感」を左右する、ボール(=親指の付け根と小指の付け根の出っ張った所)の位置と、ふまず長(=ボール中心から踵の一番出っぱっている所までの距離)だけでなく、ヒールを履いた状態での踵の形や、足裏のアーチの曲線を型に活かせるのがミリメーターの独自技術です。

    • 足の健康状況

    お客様の足が外反母趾など痛みを伴うものであれば、圧迫しないように調整します。お客様ご自身は自覚のない、例えばこんにゃく足予備軍であれば、足囲をせばめてホールド感を強めるなど、症状が進行しないようにします。

    • お客様のお好み

    ゆったり/ぴっちりどちらがお好みかなど、計測時にお聞きした内容を反映するとともに、例えば、お客様が普段履いている靴や利用シーンに合わせてお似合いになるテイストを判断したり、普段素足/ストッキングどちらでお履きになるのかといった生活習慣から靴の中にとるべき空間量を考慮します。

    • 靴づくりのしやすさ
    つま先やかかとの吊り込み作業(靴の上半分の革を下半分と組み合わせる作業)をしやすいような形したり、完成後に木型を抜くとわずかに広がってしまう履き口を計算して事前に絞り気味するなど、設計どおりの靴が出来るようにします。

    木型のプリントアウト

    3Dプリンターで、木型を出力します

    3Dプリンターによる木型を使うEolunaならではの工程です。

     

    出力自体はボタン1つの作業ですが、慎重に環境を整える必要があります。主に影響を受けるのが「室温」で、プリンターのある部屋は24時間温度管理をしています。また、靴づくりに必要な強度を保ちつつ軽量化を図るため、100近い設定を木型に適したものにチューニングしています。

     

    1つの木型ができあがるのに、およそ10時間かかります。木型の上部には、お一人おひとりのお名前を刻印し、靴職人に作業に引き継がれます。

    型紙づくり

    革を切るための型紙をつくります

    2次元(平面)の革から、3次元(立体)の靴を作ります。

     

    まずは3次元の木型に、鉛筆で直接「デザイン線」を描き入れます。お客様のデザインイメージをもとに、職人が靴の甲・履き口の形(ヴァンプ・トップライン)を描いていきます。木型には、お好みや健康状況に関する木型設計スタッフからのメッセージが託されており、これを読みとりながら、フリーハンドで鉛筆をすすめます。

     

    次に、革をカットするための型紙を作ります。木型にマスキングテープをみっちりと貼り付け、テープの上から透けて見えるデザイン線を写し取ります。すべての線を写し取った後、テープをそっと外して広げると、2次元の型紙のもとができあがります。

     

    続いて、このテープから型紙を作成します。型紙の種類はデザインにより異なり、プレーンなパンプスなら1枚ですが、コンビやパッチワークなどパーツが多いものでは5枚以上必要になることもあります。

    裁断

    型紙にあわせて革をカットします

    型紙を革に置きます。型押しやプリントなど、表情のある革の場合は、目立つ部分の表情をイメージしながら配置します。型紙どおりにラインをとったら、後続作業で必要な革の余分な部分を残しながら、革包丁でカットしていきます。

     

    後続作業は、パーツにより「折り込む」「貼りあわせる」「吊り込む」と3種類がありますので、その工程をイメージしながら、適切な幅をとっていきます。通常は5ミリですが、パーツによっては2ミリ・3ミリの場合もあります。

    また、カーブが美しく出るように、履き口(ヴァンプ)の折り込みには、等間隔に切れ目をいれていきます。

    製甲と中底づくり

    靴の上半分、下半分を別々に作ります

    型紙にあわせてカットした革のパーツをミシンで縫い合わせます。

     

    革が重なる部分は厚みが出ないように、専用の機械を用いて薄く漉きます。回転する機械に革の裏側をさっと当てると一瞬でつるつるに変わります。

     

    靴の上半分の工程を進める一方で、別のスタッフが下半分を作ります。足が触れる中敷きと、靴を下から見たときにみえる本底の間の「中底」から作ります。作業をひとことで言えば、中底の形に切った革と厚紙を木型に貼りあわせるだけなのですが、大きな工場と違って手作業で行うEolunaでは、なかなかの力仕事です。

     

    というのも、硬い中底を木型のカーブにぴったりと添わせるためには、糊が乾くまで自転車のゴムチューブでぐるぐると巻きつけて固定しなければなりません。大変強い力をかけながらの作業ですので、ゴムがぶちんと切れることも起こります。全体重を預けるくらいの力を必要とする作業のため、職人たちはユーモアを交えて「エクササイズ」と呼んでいます。この状態で丸1日を置くと中底が木型になじみます。

    吊り込み

    上下をつなぎあわせ、靴の形にします

    2次元・平面の革を、引っ張りながら靴の裏にまわして専用の糊と釘で固定し、木型にあわせて3次元に仕立てていきます。この「吊り込み」は靴作りにおいて最もドラマティックな工程です。

     

    パンプスの横部分はおおむね平らなので、そのまま裏に貼りつけることができますが、つま先と踵は、革を引っ張ったりひだを作りながら形を作ります。引っ張る力は、革の性質を見ながらの調整が必要です。例えば一般的な牛革はしっかりとテンションをかける必要がありますが、比較的柔らかい山羊革では繊細な作業となりますし、スエードなどの起毛素材は表面加工を殺さないように注意が必要です。

     

    吊り込みが終わるとヒールと本底の取り付けの工程に入ります。本底とは、靴をひっくり返して下から見える革の部分のことをさします。取り付けはヒールが先か、本革が先か、デザインによって選択が異なりますが、ヒールが先・通称「まくり」を選ぶ場合のほうが多いです。まくりは、本底がそのままかかとの前部分につながっているタイプで、比較的強度が高いとされています。

     

    最後に中敷きを入れた後、糊をとる・ブラシをかけるといった仕上げ作業を行い、靴の完成です。仕上げ作業は「お化粧」とも呼んでいて、職人は、ウェディング前の娘に口紅をさす母の役割。お客様に一番きれいな姿を見ていただけるように、心をこめて送り出します。

All Posts
×
×
●会社名
株式会社ミリメーター

●事業者の名称
井黒帯明

●事業者の所在地
郵便番号 :162-0846
住所 :東京都新宿区市谷左内町5 Lowp305

●事業者の連絡先
電話番号 :  	03-6265-3881
営業時間: 10:00~18:00
定休日:土日祝

●販売価格について
販売価格は、表示された金額(消費税込)と致します。

●代金(対価)の支払方法と時期
支払方法:クレジットカードによる決済がご利用頂けます。
支払時期:商品注文確定時でお支払いが確定致します。

●役務または商品の引渡時期
配送のご依頼を受けてから3日以内に発送いたします。

●返品についての特約に関する事項
商品に欠陥がある場合を除き、基本的には返品には応じません。