Return to site

突然の雨!濡れてしまった革靴のお手入れ方法

· Eoluna journal,理想の靴を手に入れたら

お気に入りの靴や、新しい靴を履いて出かけた日に限って雨!足元だけでなく、頬も濡れてしまいそうになりますね。そんな大切な革靴が濡れてしまったときのお手入れ方法をご紹介します。

革靴は濡れるとどうなるのか

革が水に弱い、というのはよく聞きますが、革靴が濡れるとどうなるのでしょうか。まず、革自体の変化として、①ヒビ割れる ②硬くなる という現象がおきます。次に、靴ならではのトラブルに③型が崩れる ④シミが出る ⑤色移りする ⑥汗の塩分が浮き出る といったものがあります。⑦カビが発生する という、最悪のケースに至ることもあります。

鉄則は「すぐに拭く・ゆっくり乾かす」

革靴が濡れてしまったら、できる限り早い段階でしっかりと水分を拭き取ります。こするのではなく、優しく押さえつけて水分を吸わせるようにします。靴の外側だけでなく、内側も忘れずに拭いてください。

使うものはタオルでも構いませんが、キッチンペーパーがおすすめです。新聞紙で、と言われていた時期もありますが、インクが中敷きなどについてしまうこともあるので、できれば避けます。

次に乾燥させていきます。急激な乾燥はヒビ割れ・型崩れを加速させますので、乾燥は、ゆっくりと、自然に、が鉄則です。風通しのよい場所に新聞紙を敷き、その上で2日ほど陰干しをします。

この時、ヒールの下に文庫本などを挟んで数cm踵を浮かせておくと、ソールにも風が当たって靴底のカビを防ぐことができます。ハイヒールの場合は、靴全体を均等に乾かすため、ヒールではなくつま先側を高くすると良いでしょう。

靴の中にキッチンペーパーや新聞紙を入れて乾燥させても構いませんが、こまめに交換することが重要です。”こまめ”が苦手な方は、何も入れないで自然の力に任せましょう。

ドライヤーは絶対に避けて

早く乾燥させなければ、と、ドライヤーを使うことは厳禁です。濡れて崩れた型がそのまま固定されてしまいます。さらに、一部分だけが乾いてしまいがちなドライヤーは、水分量が多い部分と少ない部分の差が大きいほどくっきりとできるシミを、大量発生させる原因になります。

同じ理由から、直射日光に当てる、ヒーターなどの暖房器具のそばにおく、といった乾燥方法も避けてください。

応急処置の後は革のメンテナンスを

しっかりと乾いたら革を癒していきます。手順は次の通りです。

1.詰め物を入れる

2.ブラッシングで大まかな汚れを払う

3.クリーナーで油性汚れを落とす

4.クリームで保湿・保護する

5.ブラッシングでさらにクリームを均一にする

6.ストッキングで最終磨き

詳しくは、次のページをご覧ください。

https://www.eoluna.com/blog/howto-shoecare

ご用意いただきたいもの

お気に入りのジャケットは、型崩れを防ぐために、肩の形がしっかりしたハンガーにかけて収納されていると思います。靴における「しっかりとしたハンガー」が ”シューキーパー” または ”シューツリー” です。大切な靴を美しく保存しておくためには、ぜひシューキーパーをご用意ください。

日常的にシューキーパーを利用していると、ラインが美しく保たれ、靴が長持ちします。革靴が濡れてしまった場合には、乾燥する際にシューキーパーを入れてください。崩れ・歪んだ靴を理想の形を取り戻す手助けとなります。

なお、シューキーパーとシューストレッチャーは見た目は似ていても、機能は全く異なります。お買い求めの際にはご注意ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly