Return to site

あなたの足は靴業界で注目をあつめている「クワガタ足」かも?

· 理想の靴のための基礎知識,Eoluna journal

日本の女性に増えている「クワガタ足」とは?

以前、足の形はエジプト型・ギリシャ型・スクウェア型の3タイプに分類されているとご紹介しましたが、数多くの女性の足を見ている木型職人に話を聞くと、最近増加傾向の新たな足のタイプがあるそうです。

職人の間で通称「クワガタ」と呼ばれる足。それは、両足のカカトからつま先のラインがつくる2本の弧が、まるで“クワガタ”の2本の角のように見えるところと、「○○型」というところの語呂合わせから生まれた通称です。

通常、足の小指の付け根からかかとへは直線に近いラインを描きます。ところが、足の裏の形が弧の形になっている人が増えているのです。

ヒールの外側ばかりが斜めに減ってしまうという方や、足裏の外側が固くなる・タコができるという方は、この「クワガタ足」になっている可能性があります。

「クワガタ」と「O脚」の深い関係。太ももの筋肉を強化して。

クワガタ足の女性は、外側に足が倒れている(外側に体重がかかっている)ことが多いです。足が外側に倒れた状態では太ももの外側の筋肉を使うため、だんだん外側が出っ張り、がっちりとした脚になっていきます。

これは、無意識に膝が外に開いた立ち方をする、いわゆる「O脚」だと考えられます。O脚は、猫背のために骨盤が後ろに倒れる、悪い姿勢や足を組む習慣が太ももの内側と外側の筋肉のアンバランスを生む、足のアーチが崩れていて荷重を支えずに外に倒れる、などでおきるとも言われ、加齢に従い、腰や膝に強い痛みが出るケースもあります。

日常的に足裏の親指側に重心を置くように心がけるとともに、太ももの内側の筋肉を鍛えるのが解決の近道です。お家にあるもので「ながら」でもできるお手軽トレーニングもあります。棒状に丸めたタオルやクッション、空のペットボトルなどを膝の間に挟んで落とさないように座っているだけ、というものです。テレビを見ながら(デスクワークをこなしながらこっそり?)で充分な効果がありますので、ぜひお試しください。

クワガタ足さんにお薦めの靴は?

このクワガタ足は、靴を作る職人泣かせの足でもあります。
曲線を描くクワガタ足さんにとって履きやすくて美しい、そういった靴はこれまで世の中に存在しなかったため、デザインするのはなかなか難しい作業です。

また、お店で売られている靴は直線に近いラインのものしかないので、靴売り場でクワガタ足にぴったりの靴と出会うこともほぼ不可能でした。
しかし、「振り角度」「スゥィング」といった表現で、カーブする足の女性に合うパンプスの展開に挑戦しようというブランドも登場し始めていて、靴業界の注目を集めています。

足を3D計測して木型から作るEolunaのフルオーダーメイドシューズでは、お客様の足の状態やタイプに関係なく、快適な履き心地をデザインしています。靴でクワガタ足を治すことはできませんが、片減りしにくい・痛くなりにくい靴をご提案することはできます。お悩みの方はお気軽にお問合せください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly