Return to site

パンプスの基本のお手入れ方法【月に1回の集中メンテ】

· Eoluna journal,理想の靴を手に入れたら

サイズもデザインもベストマッチ、そんなシンデレラシューズに出会ったならば、箱の中にしまいこむのではなく、できる限り長い時を一緒に過ごしていただきたいと、私たちEolunaは考えています。そのためにお願いしたいのは、お手入れです。

集中メンテナンスは月に1回を目安に

いわゆる「靴磨き」は月に1回を目安にしていただければ、お気に入りの靴が圧倒的に長持ちします。靴磨きを趣味としている方の多くは男性のようですが、実はお顔のお手入れとよく似ているので、女性の方が続けやすいかもしれません。次の手順で進めてください。

1. 詰め物を入れる

パンプスにシューキーパーを差し込みます。シューキーパーをお持ちでない場合は、キッチンペーパーをつま先と踵にぎゅっと詰め込み、間を割り箸で渡します。靴を購入した際の、紙+プラスチック棒の要領です。詰め物を入れると、履いている間にできたシワを伸ばしてくれます。

2.ブラッシングで大まかな汚れを払う

馬毛のブラシで表面やヒールを払います。とくに縫い目やソールとの隙間にはホコリが残りやすいもの。丁寧に掻き出してください。

3.クリーナーで油性汚れを落とす

クレンジングでメイクを落とすのと同じ工程です。柔らかい布を人差し指・中指に巻きつけ、ほんの少量のクリーナーを取って伸ばすように優しく汚れを落としていきます。全体に塗り伸ばしたら、布のきれいな部分で拭き取ります。

4. クリームで保湿・保護する

続いてクリームで革に栄養を与えます。3の布のきれいな部分にクリームをほんの少し(米粒3つ分ぐらい)つけて、薄くムラなくのばしていきます。クリームには保湿・保護の他、補色の効果があります。透明なクリームならばオールマイティですが、色つきの場合は、実際の色と同じか薄めの色を選ぶときれいになじみます。

5.ブラッシングでさらにクリームを均一にする

メイクでいえばファンデーションを塗った後のフェイスブラシがけです。クリームはどんなに薄くムラなく塗ったつもりでも、どうしても凸凹が発生してしまうので、豚毛のブラシを使ってなじませます。ヒール部分も忘れずに。ただし豚毛は馬毛よりも一段硬いので、革に傷が付かないように注意しましょう。

6.ストッキングで最終磨き

最後に使い古しのストッキングをくるくると丸めたものでつや出しをします。ストッキングは大変目が細かい合成繊維のため、こすることで静電気が発生します。この微弱な静電気が細かいホコリを吸着してくれ、文字通りピカピカの状態に仕上げてくれます。

お気に入りの靴がピカピカだというだけで、お出かけ時の足も心も軽くなりますよ。風水でもキレイな靴は運気を上げるといわれていますから、そのお出かけにはきっとステキなことが待っているはず。月に1回のメンテナンスで長く長く愛してあげてくださいね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly